Skip to main content

~栁健治行政書士事務所案内~(滋賀県長浜市) consulta@kenyi.info

このサイトは、当事務所で扱っております入国管理局のビザVISA手続(スペイン語)に必要な書類や要件、また車庫証明や内容証明のあらまし・書き方についてご案内しております。

ご案内とお知らせ  車庫証明提出受領代行  Oficina Kenyi  内容証明  相続・遺言サポート  料金表  お問い合わせ  事務所紹介   
ご相談は 柳健治行政書士事務所へ 〒526-0033 滋賀県 長浜市 平方町 762-105
050-1098-1074 (yahoo!のIP電話です。Fax 0749-65-4371も受け取れます。) (10:00~18:00。 日曜休み)
あるいはお問い合わせから。
 

相続や遺言でお困りではありませんか?滋賀県長浜市平方町 柳健治行政書士事務所では相続遺言の悩みを承ります。

 

相続手続・遺言書作成をサポートいたします。

 

 

各種お手続きに必要な戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍等の

お取り寄せを承ります。

1週間ほどですべて必要な証明書類がそろいます。

 

手数料や郵送料など実費を除いて、3万円の一律料金で承ります。

お電話ください。050-1098-1074

ご質問はメール:consulta@kenyi.infoでも受け付けております。

 

 

 このページは以下、 相続 遺言 と順に説明しております。 

------------------------------------------------

 お問い合わせフォームへ

相続と遺言のことなら滋賀県長浜市平方町 柳健治行政書士事務所へ。

 

 

相続

(相続を目的とする家系図作成・遺産分割協議書作成)

 

相続の話は、こじれると 関係者全員に非常にストレスになる、ということはお分かりになっていただけると思います。

 

専門家に相談していただくことで事前に問題を防ぐとともにみなさまの親族全員また関係者一同様によい関係を保っていただきたいと思っています。

 

 

遺産分割手続の流れ

被相続人の死亡

   ↓

共同相続(相続財産全体を相続人みんなで共有している状態)

   ↓

遺産分割協議

 ↓

成立→遺産分割協議書作成→遺産分割

 

 ↓

不成立→家庭裁判所の調停と審判(→訴訟)→遺産分割

注意する点

遺産分割協議は 相続人が全員参加しなければなりません。一人でも協議に参加していなければ協議は無効になってしまいます…

そこで 戸籍謄本などで、法定相続人をしっかりと確認しておくなど 注意が必要です。

 

当事務所は協議をする前から ・ 遺産分割に興味をお持ちになった時から(協議の申し入れ通知や 戸籍の取り寄せなど)お手伝いいたします。 

お気軽にご相談ください。

 お問い合わせフォームへ

 

法定相続について簡単にご説明いたします。

遺言がある場合を除けば 財産を相続できる順位と割合が民法によって決められています。(これを「法定相続」と呼んでいます。)

相続順位
①亡くなった方の配偶者(夫または妻)は常に相続人となります。そして子供は 第1順位の相続人となります。胎児も子供とみなされます。子供も亡くなっている場合などはいわゆる孫が代襲して(要するに、代わりに)相続することになります。ちなみに、連れ子は 子ではなく相続人とはなりません。

②子も配偶者もなかった場合には 亡くなった方の父母あるいは祖父母(亡くなった方のご両親が亡くなっている場合の代襲相続)が相続人となります。

③上記1も2にあたる方がいない場合には 兄弟姉妹が 第3順位の相続人になります。兄弟姉妹が亡くなっていて甥や姪がいるときには代襲(つまり代わりに)相続できます。

割合
●配偶者と子 (配偶者2分の1、子2分の1)
●配偶者と父母 (配偶者3分の2、父母3分の1)
●配偶者と兄弟姉妹 (配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1)


相続と遺言のことなら滋賀県長浜市平方町 柳健治行政書士事務所へ。

 遺言書作成指導

 遺言の方式は主に三つです。

 

1 自筆証書遺言

ご自身が 自筆で 遺言の全文と日付、氏名を書き、押印します。

簡単で費用もかかりませんが、紛失や偽造・変造の危険もあります。

 2 公正証書遺言

公証人が作成する遺言状です。証人2人が必要です。

家庭裁判所での検認(家庭裁判所が遺言の存在と内容を認定すること)が必要ありません。

 3 秘密証書遺言

封印されます。公証人と証人2人以上が必要です。

 その他

「死亡危急者の遺言」 「船舶遭難者の遺言」 「伝染病隔離者の遺言」など

特別方式のものがあります。

  

具体的な遺言の書き方 有効な遺言になっているかのチェック など 

お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせフォームへ

 

 相続と遺言のことなら滋賀県長浜市平方町 柳健治行政書士事務所へ。

ご相談は 050-1098-1074 (yahoo!のIP電話です。FAX0749-65-4371も受け取れます。)あるいはお問い合わせから

 

● 示談書作成アドバイス (以後のトラブルを防げます)
示談の場合には 気をつけなければならないことがいくつかございますので
あわてて 相手が持ってきた示談書にサインしないでください。
 ご自分で作成したい場合にも お手伝いいたしますのでどうぞお問い合わせください。
 たとえば…↓ここをクリックすると↓
示談書の書式例 (ワード形式のファイル 29KB) を示します。
 残念ながら行政書士は、示談交渉自体はできません。(弁護士法72条参照)本人サポートに全力を尽くします。
 ○交通事故にあったら… やはり基本は 警察を呼んで 交通事故証明書 をもらうことです。
あまりに基本的ですが、 事故の時は動転して忘れたり…
このくらいの軽い事故なら… と事故証明書をもらわない方もいらっしゃいます。 
 しかし、 その後の示談や保険の関係でも必要になりますので
 警察の実況見分を経て 事故証明書は 必ず もらうようにしてください。
 示談書を作成したあとは   公正証書の形にしておくと さらに完璧です。

  ご相談は 050-1098-1074 (yahoo!のIP電話です。FAX0749-65-4371も受け取れます。)あるいはお問い合わせから。

  スペイン語など入管関連業務、翻訳・通訳・同行や 遺言相続・離婚・浮気問題、内容証明や各種許認可は滋賀県長浜市平方町 柳健治行政書士事務所へ。